両頬のシミの原因と対処方法

普通シミはちらほらとできるもの。

なのに両頬に左右対称のシミがある…

紫外線対策もバッチリしているはずなのにまだ足りなかった?もっと日焼け止めを塗って対処しないと…

実はそれが両頬のシミを悪化させている原因。

両頬など左右対称にできるシミの主な原因は紫外線ではないのです。

シミは紫外線以外の原因でもできる

紫外線以外でシミとかできるの?

できます。

そもそも、シミができるのはメラニン色素が多く作られ過ぎて排出されないのが原因。

ではなぜメラニン色素が多く作られるかというと、紫外線から肌を守るためです。完全な真っ白肌の人は少しの日焼けで真っ赤になりますが、肌が真っ黒の黒人の人は日焼け耐性がありそんなに極端な日焼けになりません。

これは単純にメラニン色素の量が違うからです。メラニン色素の量がそのまま肌色になっているのです。

では紫外線以外でシミができるのかというと、紫外線と同じように、肌を刺激するものであればメラニン色素は多く出ます。

両頬のシミ原因No.1は毛ブラシ

紫外線以外の刺激が両頬に起きているということ?洗顔とか?

確かに洗顔はやり過ぎると刺激になりますが、シミを作るほどの刺激になることは稀。

では何かというと、両頬に広がったようなシミができている人は、ほぼ間違いなくチークなどのメイクで、毛ブラシを愛用している人です。

この毛ブラシでメイクを馴染ませし上げる作業。これが紫外線以上に肌に刺激を与えてしまうのです。

想像以上に毛ブラシは怖い!

毛ブラシくらいで?そんなに刺激あるかな…?

メイク用の毛ブラシの毛先はとても繊細で細くなっています。これにより叩いたり払うことで、粉状でもリキッド状でも毛穴にしっかり入り、綺麗にまんべんなく仕上がるようになります。

メイク上手な女性ほど毛ブラシの扱いが上手で、塗っている感がなくてグラデーションも綺麗に見せられています。

しかし、その毛ブラシの特性だからこそ、パフ仕上げより肌の奥にピンポイントに刺激を与えてしまいます。

ご存知の通り、毛穴は肌の奥まで突き抜けています。毛先の細かい毛ブラシは、普通では与えられない深さにまで刺激を与えてしまい、肌の免疫反応を活性化。メラニン色素を大量に作り出すことになります。

それに、日焼けしちゃった!とか、夏場とかは紫外線対策を毎日意識しているはずです。そのために美白化粧品を使ったり、肌を冷やしたりビタミンCを飲んだりと、紫外線が気になる時期は何かとケアをしています。

でも毛ブラシによるメイクは1年中。そして毛ブラシが両頬の左右対称シミの原因になっているなんて考えてもいないので、それに対するケアが全くできていないということに。

これが、知らず知らずのうちにはっきりと浮いてくる、大きな両頬のシミの原因なのです。

両頬のシミが嫌なら毛ブラシをやめるか軽くすること

できてしまった両頬のシミはどすれば消えるの?

毛ブラシが原因であることが分かれば、残念ながら毛ブラシの使用をやめるか、頻度を控えめに、もしくは叩き込むテクニックをやらないことです。

これだけでも1年後には結構すくなるでしょう。メラニン色素が過剰に作られるのを阻止するだけで、当然濃さが薄くなります。

しかし両頬のシミを隠すためにメイクを入念にしてしまいがち。その場合でも毛ブラシはあくまでフィニッシングの一時だけにするように。

あとは美容外科のレーザー治療や美白化粧品の使用です。

美容外科の場合でも、毛ブラシ原因の範囲の広いシミは結構苦労します。ポツンとあるシミはピンポイントでケアできて、術後の赤みも目立ちませんが、両頬となると田舎の小さな子みたいに頬が真っ赤になることも。それに効果が出ているのか差が確認しづらく、かなり長く通院することになり費用もびっくりすることに…

浸透技術の高いメーカーのハイドロキノンで期待

美容外科に長期間通えるほどお金ないよ…自宅でケアできないかな?

自宅でケアするとなると美白化粧品しかありません。

紫外線原因のシミと違い、常にシミ原因が肌にあるわけじゃないので、メラニン色素が黒くなるのを防ぐ成分より、ややいわゆる漂白というイメージの、メラニン色素の色を巻き戻す成分がベスト。

具体的にはハイドロキノンですね。これは刺激が強いと感じる人は、グルコース(ブドウ糖)を結合させたアルブチンが使えます。こちらはハイドロキノン誘導体で、肌に入る前は刺激を抑えて、入ってからハイドロキノンとして活動するため使いやすくなっています。

ただ、美容外科の場合と比べて美白化粧品の場合、ハイドロキノンの濃度は2%以下と定められています。

そのため作用はマイルド。範囲が広い両頬のシミにはなかなかピンと実感がこないかもしれません。

そのため、単純にハイドロキノン(アルブチン)配合の美白化粧品を選ぶのではなく、できれば海外ブランドや浸透技術に優れたブランドを選ぶと良いでしょう。海外ブランドは日本の基準に合わせているものの、やはり国内メーカーより実感が高いということでよく売れています。

また浸透技術もただ単に高いとだけはどのメーカーも言えます。しかし実際はそれを証明する必要もないため、言ったもの勝ちになっているのが化粧品業界の現状。本当に浸透技術が高いのかどうか判断が難しいですが、長く売れているというのはやはり一つの指針にはなるでしょう。でないと誰もリピートしないでしょうから。

より早く明るい両頬にするなら保湿維持は必須

美白化粧品だけでいいの?こんなに広がったシミをもっと早く消したいんだけど?

メラニン色素が色素沈着状態になっていなければ保湿を続けることで早くシミを追い出すことができます。

肌細胞はメラニン色素が作られるメラノサイトという細胞のあたりで作られ、1ヶ月以上かけて肌表面に上がってきて垢になって剥がれる…これを日々繰り返しています。

つまり、垢と一緒に上がってこれるところにシミの色素があるわけです。

しかし肌が乾燥して肌水分量がいったりきたりしていると、この肌細胞の生まれ変わり、ターンオーバーが遅くなります。ターンオーバーが遅くなるということはそれだけシミの元がいつまで肌にあるということ。

肌細胞が上がって行く時にうまく余計なメラニン色素が引っかかって出て行くように、なるべく活発に肌細胞の生まれ変わりを維持しなければなりません。

ただ保湿するだけではなく、肌水分量が常に乱高下しないようにしないといけません。人も肌も不安定な生活はストレスが溜まるというわけですね。

両頬のシミが茶色っぽいなら糖化も疑うべき

もっと他にできることはある?

さらに両頬のシミ原因を突き詰めると、終末糖化合物であるAGEs(エイジス)の除去も重要です。

これも毛ブラシによる刺激で発生するもので、肌のタンパク質と糖質が結びつくことでできます。この物質は茶色をしているため、シミの色をさらに濃くしてしまいます。

これもメラニン色素と同じく肌から追い出すケアが有効。メラニン色素のように色素を巻き戻すことができないため、一度糖化物質ができたら追い出すしかありません。

いち早く両頬のシミをケアしたいのなら、この糖化物質へのケアができるもの、そして保湿維持力に優れたコスメの利用が望まれますね。

ハイドロキノン浸透技術と保湿維持に優れたコスメ

ホームケアの最高峰シミケア
ビーグレン QuSomeホワイト

海外発の高科学コスメブランド。独自のカプセル化技術で他社とは浸透技術で圧倒的な違い。他でダメだったけどビーグレンならいけたという声が多いホワイトニングコスメです。

浸透技術が高いだけでなく、カプセル化技術の恩恵で肌に長くとどまるため、成分がより本来の力を発揮できるのが実感の違いでしょう。本来は浸透してもすぐに外に排出されてしまうため、成分としては有用なのに実感ができないということが一般的。ビーグレンなら少量で長く働きかけるため、いち早い明るい肌を目指せます。

自信の365日返品保証。高いリピート率が満足している人が多い証拠ですね。

価格 トライアルは1,800円(税別)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る